black dog

簡単な利用方法

two cats

犬や猫の感染症予防に向けて開発されたフロントラインプラスという動物医薬品の豆知識として、あくまでも犬や猫にしか使用出来ないことです。動物医薬品として販売されているので、鳥やウサギなどにも使用出来る商品だと考える人がいます。しかし実際には犬と猫用の動物医薬品となっているため、それ以外のペットに使用すると副作用が発生します。フロントラインプラスにはそういった特徴があるので、鳥やウサギなどを飼っている場合には別の動物医薬品が必要になります。個人輸入代行サービスを扱う業者では、鳥やウサギにも使用出来る動物医薬品を多数用意していることが多いです。なのでフロントラインプラスという商品については、あくまでも犬と猫向けに開発された動物医薬品となります。

フロントラインプラスという動物医薬品における国内での取り組みとして、飼い主にかかる負担というものを減らしています。スポイトに入って販売されている医薬品であるので、薬の使用において飼い主に対する負担も最小限となっています。使い方において工夫がされており、専用のピペットを取り出してそれを犬や猫の首筋に薬を投与するだけとなります。そして皮膚に薬を投与するだけで使用は完了となり、期間についても1ヶ月おきに使っていけば良い動物医薬品です。また使用において獣医の許可は必要ないので、動物病院を受診しなければいけないということもないです。こういった取り組みを国内で行っており、飼い主にかかる負担を可能な限り最小限に抑えています。